23区オフィス空室率、低下傾向が続く|中古マンションの購入・売却・売買ならオークラヤ住宅

新規登録の方はこちら

不動産ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加

23区オフィス空室率、低下傾向が続く

2017年8月3日

 (株)ザイマックス不動産総合研究所は2日、東京23区のオフィスマーケットを分析した「オフィスマーケットレポート 東京2017Q2」を発表した。


 当期(17年6月期)の23区のオフィス空室率は3.66%(前期比0.10ポイント下降)と、12年第3四半期以降、空室率の下落傾向が継続。社員の増加等を背景としたオフィス拡張のニーズが強い一方、空室率は3%台とひっ迫間が続いており、市場に出ている空室が少なくなっていることがその要因。


 「空室増減量」は、減少面積が23万2,000坪、増加面積が21万7,000坪と、空室の減少が増加を上回った。また、四半期ごとの空室在庫に対して、どれだけ空室が減少したかを割合で示す「空室消化率」は右肩上がりの傾向で推移している。


 10年第1四半期を100とした「新規成約賃料インデックス」は、104(同4ポイント下落)と、下落。新規賃料が上昇した物件の割合から下落した物件の割合を引いた成約賃料DIは、プラス6(同変化なし)となった。


 10年第1四半期を100とした新規賃料と継続賃料の両方を含む「支払い賃料インデックス」は91(同3ポイント上昇)で、緩やかな上昇傾向を続けており、入居時の新規賃料の上昇や入居しているテナントの賃料値上げにより支払い賃料が上昇していることが要因。


 また、全契約の平均フリーレント月数は2.7ヵ月(同0.1ヵ月増加)と増加した。一方、長期のフリーレントはテナント誘致に苦戦しているビルや新築ビル等に限られるため、全体としては短期化傾向が継続。フリーレントがある契約の平均月数は3.7ヵ月(同0.1ヵ月減少)と減少した。


緑豊かな区内最大の公園が自慢!
平和島駅周辺のマンション
ご家族分のお部屋数を確保!
3LDK以上の物件
比較的新しい物件をお探しの方へ
築10年以内の物件
比較的お手頃な物件をお探しの方
2000万円以下の物件
駅近物件をお求めの方に!
駅徒歩5分以内の物件
知れば知るほど面白い街
後楽園・春日・水道橋・飯田橋周辺のマンション
普段の買い物に困らない!
蕨駅周辺のマンション
諸経費込ローンもご紹介可!
駅徒歩10分以内の投資向き物件
やっぱり東京23区に住みたい!
ゆったり70平米以上 =平成築のファミリータイプのお部屋=
窓が多いお部屋が理想!
角部屋物件
お気に入りが見つかるかも…
シングル向けのお部屋
一緒に暮らそう!
ペット飼育可の物件


購入の流れ 住まいのQ&A エージェンシー ローン返済シミュレーション

ページトップへ