マンション売却の諸経費

新規登録の方はこちら

売却ガイド

不動産売却にかかる費用「諸経費」とは?

不動産の売却の際に必要な様々な費用を「諸経費」といいます。
ご売却する金額からこの「諸経費」を引いた額が手取り金額となります。

手取り金額売却金額諸経費(経費+税金)

諸経費

仲介手数料 不動産のご売却が成約した場合に、その取引き額に応じて所定の仲介手数料(400万円超のお取引きの場合、成約価格の3%+6万円に消費税を掛けた額が上限)が必要となります。
※当社が直接買主となる「買取り」の場合は不要です。
いつ必要?原則、契約時に50%、決済(引き渡し)時に50%
収入印紙代 売買契約書に貼る収入印紙代です。成約価格によって額が異なります。
〔平成30年3月31日までに契約書が作成される場合〕
500万円超 ~1000万円以下 …5千円
1000万円超 ~5000万円以下 …1万円
5000万円超 ~1億円以下 …3万円
1億円超 ~5億円以下 …6万円
いつ必要?契約時
登記費用 現在の登記内容と住所や氏名が違うなど、変更点がある場合は「住所変更登記」や「氏名変更登記」、住宅ローンの支払いが終わっていない、終わっていても抵当権の抹消をしていない場合は、「抹消登記」が必要です。
この場合は、「住所変更登記費用」「氏名変更登記費用」「抹消登記費用」に合わせて司法書士への報酬が必要です。
変更点がいくつあるのか、抹消しないといけないお借入れがいくつあるのかによって額は変わります。
いつ必要?決済(引き渡し)時
名義変更料 土地権利が「所有権」ではなく、「賃借権」の場合、売却に当たって「名義変更料」がかかる場合があります。
名義変更費用の額や支払いのタイミングは土地所有者との契約内容によって異なります。
測量費用 土地・戸建で境界を確定させる場合、面積を確定させる場合に必要になります。
解体費用 家屋を解体し、更地として売却する場合には、解体費用が必要です。
リフォーム費用 ご状況により、リフォームをしてから売却する場合は必要です。
その他 引っ越し費用など、売却にあたってその他費用がかかる場合があります。

税金

譲渡所得にかかる
所得税・住民税
不動産を売却して、譲渡益(譲渡所得)が出た場合は、譲渡益に対して所得税や住民税がかかります。
「譲渡益」の計算方法は以下の通りです。
譲渡益 譲渡収入(売却金額)
(購入金額(減価償却後)+購入にかかった諸経費+売却にかかった諸経費)
購入時よりも売却時の方が安ければ税金の心配がない場合が多いですが、価格差が少ない場合は、減価償却分がありますので、注意が必要です。
また、購入時の契約書をなくしてしまったなどで、購入時の価格が証明できない場合は取得費(購入金額と購入時の諸経費を合わせた費用)が売却金額の5%とみなされます。

◆譲渡所得にかかる所得税・住民税に関して詳しくはこちらをご覧ください。
◆特別控除や軽減税率に関して詳しくはこちらをご覧ください。

必要な諸経費や税金などは、お客様のご状況や物件の内容によって異なります。
詳しくは担当までご相談ください。

査定のご依頼・ご売却のご相談はこちら

売却促進サポート

ページトップへ