不動産ニュース

東京の築10年マンション、6年間で単価4割上昇

2019年8月1日

 (株)東京カンテイは7月31日、首都圏における新築マンションおよび築10年既存マンションの長期的な坪単価推移のデータを公表した。


 首都圏は2018年に供給された新築マンションの平均坪単価は313万4,000円で、価格高騰局面がスタートした12年と比較して31.7%の上昇となった。都県別では、東京都が360万5,000円(12年比33.0%上昇)、神奈川県271万3,000円(同34.4%上昇)、埼玉県209万5,000円(同22.1%上昇)、千葉県200万7,000円(同32.9%上昇)となった。


 12年以降2〜3割の上昇となったが、90年代バブルのピーク(1990年)の平均坪単価は東京都464万1,000円、神奈川県347万5,000円、埼玉県235万円、千葉県236万4,000円で、各都県ともその水準には届いていない。


 一方、築10年既存マンション平均坪単価をみると、2018年は首都圏平均で205万円(同29.3%上昇)と大きく上昇した。都県別では、東京都270万4,000円(同41.3%上昇)、神奈川県193万8,000円(同41.7%上昇)、埼玉県135万円(同20.2%上昇)、千葉県116万9,000円(同6.1%上昇)。東京都と神奈川県は新築マンションより上昇幅が大きく、価格格差が縮まっている。


 1990年の平均坪単価は、東京都459万9,000円、神奈川県249万7,000円、埼玉県207万円、千葉県214万円で、新築同様にピーク時には及んでいない。


 新築マンション平均坪単価を100とした場合の既存マンション坪単価の割合を計算すると、2018年は65.4%(前年比0.4ポイント上昇)だった。東京都は75.0%(同1.7ポイント上昇)、神奈川県71.4%(同4.9ポイント上昇)、埼玉県64.4%(同2.6ポイント上昇)、千葉県58.2%(同0.3ポイント上昇)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TOP

戻る