購入の諸費用

物件購入時の諸費用や税金を把握しておくことは、購入を進めるうえで重要です。
こちらでは、必要な費用について説明しています。

仲介手数料

不動産の売買が成立した場合に、その取引き額に応じて所定の仲介手数料(400万円超のお取引きの場合、成約価格の3%+6万円に消費税を掛けた額が上限)が必要となります。

いつ必要?

原則、契約時に50%、決済(引渡し)時に50%

収入印紙代

売買契約書に貼る収入印紙代です。売買金額によって額が異なります。
〔令和4年3月31日までに契約書が作成される場合〕
500万円超~1,000万円以下
→5千円
1,000万円超~5,000万円以下
→1万円
5,000万円超~1億円以下
→3万円
1億円超~5億円以下
→6万円

いつ必要?

契約時

登記費用

所有権移転・登録免許税、司法書士への報酬がかかります。

いつ必要?

決済(引渡し)時

住宅ローン手続きに
必要な諸費用
収入印紙代

ローン契約書にも収入印紙が必要です。
500万円超~1,000万円以下
→1万円
1,000万円超~5,000万円以下
→1万円
5,000万円超~1億円以下
→6万円
1億円超~5億円以下
→10万円

抵当権設定費用

所有権移転登記と同様に登録免許税と司法書士への報酬がかかります。

ローン
事務手数料

ローンを実行するために金融機関などに支払う事務手数料です。

ローン保証料

連帯保証人を立てる代わりに、民間の保証会社や公的保証機関に連帯保証をしてもらうために支払う保証料です。借入金額と返済期間によって金額が変わります。また、ローン契約時に一括払いする方法と、金利に上乗せして毎月支払う方法があります。

団体信用
生命保険

万一に備えて、原則団体信用生命保険への加入が必要です。

保険料

まさかの時、大切な財産を守るため、心強いのが火災保険・地震保険です。

各種清算金

固定資産税・都市計画税、管理費・修繕積立金など、各種を引渡した日にて清算します。

リフォーム費用

お部屋のご状況により、リフォームが必要な場合。

不動産取得税

不動産の取得後にかかる税金です。

その他

引っ越し費用など。