買い替え

ポイント
1

【資金】買い替え資金の目途をつける。

まずは【資金】の目途を立てましょう。
自宅の売却資金や自己資金、新居に新たに組む住宅ローンの金額を足したものが買い替え資金となります。

A:売却資金
B:自己資金
C:住宅ローン
買い替え資金

A:売却資金

売却資金は、自宅を売却した金額から住宅ローンの残額と売却にかかる諸費用を引いた金額になります。まずは、自宅の価格を査定してみると良いでしょう。

B:自己資金

自己資金は、自身の手持ち資金から住宅購入に充てられる金額です。買い替え時には引っ越しなどにもお金がかかりますので、余裕をみておきましょう。

C:住宅ローン

買い替え先で新たに組める住宅ローンの額がいくらくらいになるか試算してみましょう。
月々いくらくらいまでの支払いにするか、何歳までに完済したいか検討しましょう。

ポイント
2

【方法】「購入先行型(先買い)」か「売却先行型(先売り)」か検討する。

買い替えでは、
主に、「購入先行型(先買い)」「売却先行型(先売り)」の2つの方法があります。
買い替えを検討する際にはまず、ご自身がどちらの方法に合っているのかを確認しておきましょう。
なお、「購入先行型(先買い)」「売却先行型(先売り)」ともに、メリット・デメリットがあります。

購入先行の場合 売却先行の場合
メリット
  • 購入物件をじっくり探すことができる。
  • 現在の住まいを空室にしてから売ることも可能。
  • 売却金額が確定する為、購入物件の資金計画がたてやすい。
  • 購入先が決まっていない為、じっくり売却することができる。
デメリット
  • 新居へのお引っ越し後、元のご自宅の売却が完了していない場合、二重ローンになる可能性がある。
  • 売却金額が確定していない為、資金計画がたてづらい。
  • 売却成立後、新居を探す時間に制限がある。
  • 引っ越しまでに住み替え先が決まらない場合、仮住まいが必要な場合がある。
こんな方におすすめ
  • 自己資金に余裕のある方
  • ローンの残りがないか、支払いに余裕のある方
  • 二重ローンを組むことができる方
  • 自己資金をあまりお持ちでない方
  • 現在のお住まいにローンがたくさん残っている方
  • 購入物件を探すよりご自宅がご売却できるかどうかが心配な方

購入先行型(先買い)とは

自宅を売却する前に新居を購入する方法です。
購入物件をじっくり探すことができますが、新居の引渡し前に自宅の売却が決まらないと
自宅のローンと新居のローンを同時に返済する必要があります。(二重ローン)

売却先行型(先売り)とは

新居を購入する前に自宅の売却を決める方法です。
いくらで売れるのかが確定した後に購入物件を探すため、資金計画がたてやすいメリットがありますが、
売却した自宅を引渡す前に購入物件が決まらない場合、仮住まいが必要なケースもあります。

ポイント
3

【流れ】買い替えの流れを理解する。

買い替えの方法によって、順序が異なります。
「購入先行型(先買い)」「売却先行型(先売り)」それぞれの場合の「購入」、「売却」の流れを理解しておきましょう。

「購入先行型(先買い)」の買い替えの流れ

購入の契約を先に行い、その後売却の契約をします。
売却先がスムーズに決まり、売却した物件の引渡し(STEP5)と購入物件の引渡し(STEP6)を同時に行うことができると、「二重ローン」になることなく買い替えが終了できます。
売却の引渡しが購入の引渡しよりも遅くなる場合、購入、売却両方の住宅ローンの返済が必要な「二重ローン」期間が発生します。

「売却先行型(先売り)」の買い替えの流れ

売却の契約を先に行い、その後購入の契約をします。
購入先がスムーズに決まり、売却した物件の引渡し(STEP5)と購入物件の引渡し(STEP6)を同時に行うことができる場合、仮住まいの期間なく買い替えが終了できます。
売却物件の引渡しまでに購入物件の引渡しを受けられない場合、仮住まいが必要になります。

買い替えリスクを低減する
3つの売却方法

買い替えの場合、現在のお住まいを売却して得たお金を住み替え先の購入物件に充当することが一般的です。
そのため、思った金額で売却できなかったり、思ったスケジュールで売却できなかったりすると、資金計画が大きく狂ってしまうことにもなりかねません。
しかし、売却方法の選択次第では、「売却できる金額」を事前に確定でき、「売却できる時期」をコントロールすることもできるため、リスクを軽減することが可能です。
オークラヤ住宅では、一般的な「仲介」での売却のほかに、買い替えリスクを低減する3つの売却方法「直接買取」「買取保証制度」「リースバック買取」もご提供しています。ご事情に合わせて選択することが可能です。

お問合せ・ご相談

買い替えに関するお問合せ・ご相談はこちら。
お気軽にお問合せください。