売却の流れ(仲介)

不動産の売却を思い立ったら、まずは相談してみましょう。

手元に残るお金はどのくらい?

売却金額=手取り金額では、ありません。

手取り金額売却金額諸費用(経費+税金)

売却時には諸費用がかかります。諸費用についてチェックしましょう。

売却をする前に内装は必要?

基本的に必要ありません。
中古物件になりますので、購入をお考えのお客様の中には、ご自身でリフォームをしたい、という方も多くいらっしゃいます。
先にリフォームをしてしまうと、お金も時間もかかりますし、その分無駄になってしまうこともあります。
お部屋にもよりますが、まずは様子を見ながら売りに出してみることをお勧めすることが多いです。
お客様のご事情に合わせてご提案させていただきます。
まずはご相談ください。

ローンの残高がまだ結構あるのだけれど、売れるの?

住宅ローンの残高と売却できる価格にもよります。
まずはご相談ください。

【CASE・1】 お借入れ残高 (+売却諸費用) < 売却できる価格
→お手元からお金を出すことなく売却できます。
【CASE・2】 お借入れ残高 (+売却諸費用) > 売却できる価格 で、足りない額をお手元から出すことができる場合
→足りない分をお手元から補充した上で売却可能です。
【CASE・3】 お借入れ残高 (+売却諸費用) > 売却できる価格 で、足りない額をお手元から出すことができない場合
→「任意売却」が可能な場合があります。
この場合、依頼された不動産業者が債権者(住宅ローンの抵当権者)と交渉し、返済額を調整します。
合意ができれば、売却が可能です。

売ったら税金がたくさんかかってしまうのでは?

譲渡益(利益)が出たかどうか、によります。
簡単に説明しますと、
「買ったときよりも高く売れたなら、その利益分には税金がかかりますよ」
ということです。
つまり、利益が出た場合にはその利益分に応じて税金がかかり、利益が出なければかからないということになります。

  • 購入時よりも高く売れ、なおかつ「マイホーム」ではない場合
  • 購入時よりも安く売却したけれど、購入時と売却時の価格の差が少ない場合
  • 購入した額が証明できない場合

などは注意が必要です。
まずはご相談ください。
(※ここで取り上げている「税金」とは、売却時に利益に課される「所得税」「住民税」を指します。)

住み替えたいけれど資金の確保が心配。良い売却方法を教えて。

お住み替えの場合、住み替え先を先に購入するのか、売却してから購入するのか…などなど、お客様のご状況によっても売却のスケジュールや売却方法も変わってまいります。オークラヤ住宅では、「仲介」、「買取」、「買取保証制度」、「リースバック買取」とさまざまなご売却方法をご提案できます。まずはご相談ください。

相談のポイント

お住み替えなのか、そうでないのか、いつまでに売りたいのか、いくらで売りたいのか…などなど、ご事情・ご希望は人それぞれ。
ご事情によって売却時の注意点も異なります。
信頼できる担当者にまずはご売却の理由から相談してみましょう。

査定のご依頼・ご売却のご相談はこちら
TOP

戻る