不動産ニュース

景気DI、5ヵ月連続悪化も不動産はプラスに

2019年5月9日

 (株)帝国データバンク(TDB)は9日、2019年4月の「TDB景気動向調査」の結果を発表した。調査対象は2万3,174社、有効回答は9,775社。


 同月の景気動向指数(景気DI:0〜100、50が判断の分かれ目)は、46.8(前月比0.1ポイント減)で5ヵ月連続の悪化。大型連休などを背景としたコスト増や工事関連の停滞が響き、後退局面入りの兆しが引き続き見られた。


 業種別にみると、10業界中6業界が悪化、4業界が改善した。「不動産」は48.7(同1.3ポイント増)と改善。特に北海道においては、公共工事などの作業員向けの賃貸住宅需要が強く、同地区の「不動産」の景況感は全10地域で最も高かった。


 「建設」は52.8(同0.8ポイント減)と、減少した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TOP

戻る