不動産ニュース

10月は住生活月間。東京でイベント

2019年9月5日

 国土交通省は、10月1日から31日の期間を2019年度「住生活月間」と定め、各種イベントを開催する。


 国民の住意識の向上を図り、豊かな住生活を実現するため、全国各地で官民協力のもと、総合的な啓発活動を行なう取り組み。毎年10月に実施している。


 10月12日には、第31回住生活月間、住生活月間中央イベント「スーパーハウジングフェアin東京」の合同記念式典を開催。住生活月間功労者の表彰も実施する。会場は「東京プリンスホテル」(東京都港区)。


 住生活月間中央イベントは同月12、13日に「がすてなーに ガスの科学館」(東京都江東区)で開催。「ずっと愛される住まいのレシピー家に価値あり!家族と未来のための“住まいの性能” ー」をテーマに、第15回「家やまちの絵本コンクール」や第36回「住まいのリフォームコンクール」入賞作品のパネル展示等を実施する。


 同月28日には、住生活月間フォーラム「空き家活用をNext Stageへ〜住まいの多様化と住宅の新たな利活用〜」を開催。空き家の抑制や住宅の新たな利活用について、東洋大学理工学部建築学科教授の野澤千絵氏による基調講演や、有識者によるパネルディスカッションを行なう。会場は「すまい・るホール」(東京都文京区)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TOP

戻る