不動産ニュース

新設住宅着工、3ヵ月連続の減少/東京都

2020年1月10日

 東京都は9日、2019年11月の住宅着工統計を発表した。


 同月の新設住宅着工戸数は1万1,573戸(前年同月比22.7%減)と、3ヵ月連続で減少した。


 利用関係別では、持ち家が1,381戸(同5.6%減)で3ヵ月連続、貸家が6,211戸(同4.9%減)で8ヵ月連続の減少。分譲住宅は3,970戸(同42.9%減)と4ヵ月ぶりに減少し、そのうちマンションが2,377戸(同54.3%減)で4ヵ月ぶり、一戸建てが1,561戸(同8.9%減)で4ヵ月連続の減少となった。


 地域別では、都心3区が232戸(同75.6%減)、都心10区が2,775戸(同42.9%減)、区部全体では9,119戸(同22.2%減)、市部では2,414戸(同24.8%減)だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TOP

戻る