不動産ニュース

首都圏マンション、平均購入価格は5,517万円

2020年3月19日

 (株)リクルート住まいカンパニーは19日、2019年首都圏新築マンション契約者動向調査結果を公表した。01年より毎年実施しているもので、今回は19年1〜12月の首都圏新築分譲マンションの購入契約者を対象に調査。集計回答数は4,931件。


 平均購入価格は5,517万円(18年比65万円上昇)で、調査開始以降最も高い数字に。購入物件所在地別に平均購入価格の推移をみると、東京23区は6,395万円(同237万円上昇)、東京都下は5,279万円(同111万円上昇)、神奈川県は5,407万円:同184万円上昇)、埼玉県は4,638万円(同97万円上昇)、千葉県は4,182万円万円(同198円上昇)と全エリアが上昇。埼玉県以外は調査開始以降最も高くなった。


 平均世帯総年収は988万円(同28万円上昇)。「1,200万円以上」が最も多く、18.8%(同2.1ポイント減)を占めた。既婚世帯の共働きの割合は58.6%(同1.3ポイント増)。調査以来の最高値となった。


 購入理由のトップは、「子供や家族のため家を持ちたい」が40.7%(同0.9ポイント減)でトップ。次点は「現在の住居費が高くてもったいない」(31.8%:同0.3ポイント減)。3位の「資産を持ちたい、資産として有利だと思ったから」(25.9%:同2.0ポイント増)はこれまでで最も多い回答数となり、前回3位の「もっと広い家に住みたかったから」(25.1%:同0.5ポイント増)を上回った。


 検討した住宅の種別をみると、新築マンション以外では「既存マンション」がトップで47.1%(同0.2ポイント増)となった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TOP

戻る