不動産ニュース

小田急・東京メトロ、新宿駅西口で超高層ビル

2020年9月10日


 小田急電鉄(株)と東京地下鉄(株)は9日、「新宿」駅西口地区(東京都新宿区)の開発計画の概要を公表した。


 都市再生特区別措置法に基づく特定都市再生緊急整備地域内に位置。2019年12月に都市計画決定された「新宿駅直近地区土地区画整理事業」と一体となって重層的な歩行者ネットワークや滞留空間を整備するほか、災害時の帰宅困難者支援など防災機能の強化や、最新技術を活用した環境負荷低減などにも取り組んでいく。


 小田急線「新宿」駅、小田急百貨店新宿店などを含む敷地面積約1万5,720平方メートルに、新たに地上48階地下5階建て、高さ260mの商業・業務・駅施設等の複合ビルを建設する計画。延床面積は約28万1,700平方メートル。


 高層部にはハイグレードなオフィス機能、中低層部には商業機能を備える。オフィスと商業の中間フロアには、来街者と企業等の交流を促すビジネス創発機能を導入し、イノベーションの創出も図っていく。低層部には、ビジネス創発や沿線の情報発信機能を整える。これらの取り組みを通じ、新宿エリアの新たなまちづくりを加速させていく。


 22年度に着工、29年度に竣工を予定している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TOP

戻る