不動産ニュース

既存マンション成約価格、3ヵ月連続で増加

2020年9月11日

 (公財)不動産流通推進センターは10日、全国の指定流通機構における2020年8月の売買成約状況を発表した。


 既存マンションの成約件数は5,749件(前年同月比17.3%増)となり、前年同月比では6ヵ月ぶりにプラスに転じた。成約価格は2,962万円(同7.0%増)、1平方メートル当たりの単価も43万6,200円(同4.5%増)と、いずれも3ヵ月連続してプラスとなった。


 既存戸建住宅の成約件数は3,303件(同19.5%増)と、5ヵ月ぶりにプラスに転じた。成約価格は2,316万円(同6.07%増)と、2ヵ月連続のプラス。建物面積は112.90平方メートル(同0.26%減)と、再びマイナスに。土地面積は197.23平方メートル(同3.14%減)と、6ヵ月ぶりにマイナスに転じた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TOP

戻る