住宅取得時の税金

税金 内容 納付方法
(1)印紙税 不動産売買契約書、建築工事請負契約書、ローン契約書等に貼付。 契約書等に収入印紙を貼り、消印することで納付。
(2)登録免許税 新築建物の所有権保存登記、不動産の所有権移転登記、ローンの抵当権設定登記等に課税。一定要件で軽減措置あり。 印紙にて法務局で納付(司法書士に手続依頼する場合が多い)。
(3)不動産取得税 土地・建物等の不動産を取得(増改築等を含む)した場合に、1回限り課税。 取得後、送付される納付通知書にて銀行等で納付。軽減措置を受ける場合は、都道府県税事務所に申告が必要。

(4)主な特例

特例 内容 適用の手続き
住宅ローン控除 一定要件のもと、住宅ローンを利用して住宅を取得(増改築等を含む)した場合に所得税を控除(還付)。 適用を受ける年の翌年3月15日までに確定申告。給与所得者の場合、2年目以降は勤務先にて年末調整。
すまい給付金 一定の年収要件等を満たす住宅取得者に対して、消費税率10%時に最大50万円(消費税率8%時に最大30万円)を給付。 住宅の引渡日から1年以内に事務局宛てに申請。住宅を複数で所有している場合、所有者ごとの申請が必要。
TOP

戻る