3,000万円特別控除

  • 居住用財産を譲渡した場合、譲渡所得から3,000万円を控除できる
  • 住宅ローン控除やその他の譲渡所得の特例とは選択適用
  • 居住用財産を譲渡した場合(*)所有期間の長短に関係なく、譲渡所得から3,000万円の特別控除を受けられます。
    (*)「居住用財産の譲渡とは」参照
  • 譲渡所得金額 = 譲渡収入 -(取得費 + 譲渡費用)- 3,000万円控除
  • 「特定居住用財産の買換え特例」との選択適用となります(「10年超所有の軽減税率」と併用可)。また、(買換えの場合)買換資産の住宅ローン控除との併用はできません

【適用されないケース】

  • 前年または前々年に、この特例(「3,000万円控除」)や「特定居住用財産の買換え特例」「居住用財産の譲渡損失の損益通算・繰越控除」等を受けている場合 等

《事 例》

7年前に1,000万円で購入した自宅を5,000万円で売却
(売却仲介手数料:156万円、建物の減価償却・取得時の諸費用・譲渡費用等は、便宜上考慮せず)

譲渡所得:5,000万円-1,000万円-156万円=3,844万円
課税譲渡所得 所得税*
(15.315%)
住民税
(5%)
合計税額
原則 3,844万円 588.7万円 192.2万円 780.9万円
本特例を利用 3,844万円-3,000万円=844万円 129.3万円 42.2万円 171.5万円
(*)
所得税には、復興特別所得税(所得税額の2.1%)を含む。
TOP

戻る