皆さま、こんにちは
かたつむりネット営業室の田中です!


今月の街角エッセイは


 海神の由来 

ぜひ、ご覧ください♪


▲▽▲ - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -▲▽▲



海神と書いて「わだつみ」と読むのが
一般的と言われていますが、
ここでは、「かいじん」と読みます。





地名の由来

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

賊徒平定の為この地を訪れた
日本武尊(ヤマトタケルノミコト)
海上に光輝く船を見つけます。
近づいてみると、
船の柱には神鏡がかかっていました。

ヤマトタケルはその神鏡
浜に持ち帰り祀りました。
その祀った場所が「海神」とよばれるようになったのです。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

以上の説が
地名の由来として有力とされています。

海の神様という意味よりも、
神器が海によって運ばれてきた
という意味のほうが強いと思います。



(付近の街並み)


ヤマトタケルは三浦半島から上総へ船で渡る時、
大切なオトタチバナヒメを海神の為に失います。


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

船を出すときのヤマトタケルの
軽はずみなひと言に海神が怒り、
雷が鳴り海は大しけになり船はなすすべもなくなりました。

同船していたオトタチバナヒメは

さねさし 相武の小野に燃える 
火の火中に立ちて 問いし君はも
(相模の野燃え立つ火の中で、
私の心配をしてくださった貴方)

とさらりと詠み海に身をなげ
見事、海神の怒りを解きました。

対岸に無事上陸できたヤマトタケルは、
7日後、上総の海岸で
后オトタチバナヒメの櫛を見つけます。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

地名の由来となった神鏡は、
もしかすると
ヤマトタケルオトタチバナヒメ
お互いを思いあう姿に感じ入った
海神からの贈り物だったのかも知れません。