投資用1棟アパート価格、3ヵ月ぶりに上昇|中古マンションの購入・売却・売買ならオークラヤ住宅

新規登録の方はこちら

不動産ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加

投資用1棟アパート価格、3ヵ月ぶりに上昇

2017年8月4日

 (株)ファーストロジックは4日、2017年7月期の「投資用市場動向データ」を公表した。同社が運営する不動産投資サイト「楽待」(http://www.rakumachi.jp)に7月中に新規掲載された物件、問い合わせのあった物件を調査したもの。


 投資用1棟アパートの表面利回りは、新規掲載物件が9.24%(前月比0.13ポイント下落)、問い合わせ物件が11.07%(同0.4ポイント上昇)となった。物件価格は、新規掲載物件が7,014万円(同272万円上昇)と3ヵ月ぶりに上昇。問い合わせ物件は5,788万円(同228万円下落)となった。


 投資用1棟マンションの表面回りは、新規掲載物件が7.84%(同0.03ポイント上昇)、問い合わせ物件が9.10%(同0.44ポイント上昇)。物件価格は、新規物件が1億9,682万円(同1,459万円下落)、問い合わせ物件が1億7,718万円(同1,848万円下落)。


 投資用区分マンションの表面利回りは、新規掲載物件が7.89%(同0.07ポイント上昇)、問い合わせ物件が10.32%(同0.24ポイント下落)。物件価格は、新規掲載物件が1,572万円(同29万円上昇)と4ヵ月連続の上昇。問い合わせ物件は1,235万円(同120万円上昇)となった。

ページトップへ