不動産ニュース

都心5区空室率、15ヵ月連続で1%下回る

2019年9月12日

 三幸エステート(株)は12日、2019年9月度の東京都心5区(千代田区、中央区、港区、新宿区、渋谷区)および全国6大都市(東京、札幌、仙台、名古屋、大阪、福岡)の大規模ビル(基準階賃室面積200坪以上)のマーケットデータを公表した。


 東京都心5区の空室率は0.71%(前月比0.01ポイント低下)とほぼ横ばい。1%を下回る水準は15ヵ月連続となる。現空面積は4万8,930坪(同1,765坪減)。


 1坪当たりの募集賃料は3万475円(同231円増)と大幅に上昇し、09年3月以来の水準に。募集面積は21万8,330坪(同8,111坪減)となった。


 全国6大都市の空室率は、東京23区が0.9%(同増減なし)、札幌市1.8%(同0.1ポイント上昇)、仙台市4.1%(同0.3ポイント低下)、名古屋市1.4%(同0.1ポイント低下)、大阪市1.3%(同増減なし)、福岡市1.3%(同0.1ポイント低下)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TOP

戻る